So-net無料ブログ作成

白ライオン [Hunter]

前回HunのBMタレント例を載せましたが、
Lv70時にはHawk Eye(3ポイント)を削るしかないので、
早めにBM掘り下げたい時は取らないほうが良いかも。

Lv70BM ・・・ http://www.wowhead.com/?talent=cVbhzgxRVzAoE0bRV

Hawk Eyeは、AVのように砲台と化す機会が頻繁にあるときに大変便利ですし、
Kite(攻撃を受けない距離を保ちながら、一方的にアタック)もしやすくなりますが、
日本からの接続だと、見た目の位置関係がかなり怪しいこともあって、
素直にMortal Shotsを5ポイント確保した方が良さげ。

~~~~~~~~

猫系ペットで人気といえば、白トラ・青トラ・白ライオン・黒ライオン・透明ヒョウでしょうか。
街中でも連れてるHunterをよく見かけます。

私は黒ライオンを愛用してますが、前々から白ライオンもいいなぁ~と思ってたので、
友人のHunterには是非捕獲をと、Lvが達し早々に行って来ましたw

白ライオンは、Echeyakeeというクエストで召還されるので、それをテイムします。
クエスト自体はBarrensエリアの所定の位置で、クエアイテムを使うだけなので簡単。
レベルは16なので、かなり初期で捕れちゃいます!

tame.jpg

召還しますがエリートではないので、テイムもあっさり終了~

wh02.jpg

白ライオンもやっぱり映えますねぇ~~:)
系統同じならステータスなど全部一緒なのですが、見た目強そうに見えるから不思議・・・
長いこと可愛がって下さい♪(名前も付けよう!私はCatのままですが・・・w)

wh01.jpg

白・黒が並んでるのも壮観です:)

そういえば、なかなかS4が来ないので、最近はRogを育成してます。
休息ポイントが1Lv分ぐらい溜まったらHunterを動かす感じで、Hun45・Rog38まできました。
どっちかに集中すれば70キャップも早いのですが、どっちも楽しいのでつい浮気しますw
なんてやってたら他サバから越してきた友人が早くもLv44と追いついてきたので、
そろそろどっちかに集中しても良いかなぁと・・・

Hunterはレベル上げが半端なく楽で、というかもう極楽・・・
クエストしようがファームしようが、とにかく物凄い速さでレベルが上がるので中毒ですw
RogueはRogで、動かす楽しさが色々ありますし、
メインのWlk以外に本格的なPvP用とすればこっちが欲しいところなんですよねぇ、、、

しかし、ほんとにLv上げは楽になりました。
セカンド以降の育成で効率重視なら、1→60は1ヵ月内でいけそうです。

今回Rogの方は、悪名高きGank地帯のHillsbradとSTVを完全に避けて38まで上げました。
Lv32~34辺りでレベル高めのクエストを消化する必要がありますが、
適宜AHでギアアップが出来るなら問題ありません。
Gankに時間を取られるより、早く上げたいというのであれば、これも一つの方法かなと思います。

とりあえず今のRogはこんなです~

ud01.jpg

UD(アンデット)のあぐらがかっこよく見えて、最近お気に入りですw

ud03.jpg

ud02.jpg

Hunter育成(序盤) [Hunter]

序盤の戦闘、スキル、タレントの方向性など。

ペットの使用は、Lv10からですので、そこまでは自力で戦います。
といっても、最初の頃はHunter自身が強いので、困ることもありません。
AutoShot、ArcaneShot、SerpentSting、Hunter'sMark、ConcussiveShot
のスキルはいつでも使えるようKeyBindしておくと良いです。

auto.jpg arcane.jpg serpen.jpg mark.jpg concu.jpg
(Auto,Arcane,Serpent,Hunter'sMark,Concussive)

AutoShotは、遠ければ遠距離武器(Ranged)、近ければ近距離武器(Melee)と、
自動で武器を切り替えながら、延々攻撃を続けてくれます。
また、マナが枯れている時は直接発動させますが、マナが十分にある場合は、
先にArcaneShotなどスキルショットを使用すれば、AutoShotもオンになりますので、
普段は、ArcaneShotから攻撃に入ればOKです。

Lv9までは、Aspect of the MonkeyとTrackBeastsを付け(バフ)、
Arcane~(Auto)~Arcane~殴りで、大体Kill出来ます。

asmon.jpg trabe.jpg
(AspectMonkey,TrackBeasts)

更に早く倒したいなら、Arcane~(Auto)~Serpent~Arcane~
格上のモブなら、Hunter'sMark~Arcane~(Auto)~Serpent~Arcane~
モブが近づいてくる時に、Concussiveを撃つと、楽に二回目のArcaneが撃てます。

Hunterは直接殴ることも出来、Lv8でParry・Lv20でDual Wield・Lv40でMailを覚え、
防御も硬くなるため、一見強そうに見えますが、おまけ程度に考えておいた方が良いです。
武器の攻撃はともかく、近接距離での有効なスキルがほとんどないので、激弱し。
Parry:一定確率でParry発動(攻撃を回避)
Dual Wield:Off-Handにも武器を装備可能
Mail:Mail防具を装備可能(防具は硬い順に、Plate>Mail>Leather>Cloth)

Ranged攻撃の方が遥かに強力なクラスなので、
ジャンプショットなどを駆使して、極力Melee攻撃にならないよう立ち回りましょう。
※モブと反対方向に走りジャンプ、ジャンプ中に振り返ってスキルショットを一発、
着地までに再びモブと反対方向へ体の向きを戻し、走る。
bow、gun、crossbowのrenged weaponはAgilityから100%の影響を受けるので、
Hunterが優先するステータスも、Stamina+Agilityとなります。

Ranged武器は、AHであまり供給がないため、余裕があれば弓と銃のスキルを同時上げ。
(クロスボウは種類も少ないので、基本放置で良いと思います。)
Melee武器は、供給が多く、クリットダメージが大きく、付加ステータスが優秀な、
2Hソードか2Hアックスがお勧めですが、Lv上げ過程では何でも良いです。

武器スキルはすぐ上がるので、必要なときにスキル上げすればよく、
かっこいいから2刀流だ!と思えばそれでもOKかと。

L9までのスキル
Aspect of the Monkey ・・・ 攻撃回避の確率を上げる
Auto Shot ・・・ 自動切換え攻撃
SerpentSting ・・・ Dot(一定時間をかけてダメージを与える)
ArcaneShot ・・・ DD(即ダメージを与える)
Hunter'sMark ・・・ 2分間マークを付け、付けた相手へのRangedダメージUP、ミニマップへ表示
(Stealth、Invisibleを使用したとしてもHunter から視認可能)
ConcussiveShot ・・・ 4秒間移動速度を50%下げる
RaptorStrike ・・・ Melee攻撃時に+ダメージ
TrackBeasts ・・・ 近くにいるBeastをミニマップに表示

Lv10になると、クラスクエストが発生し、ペット関連のスキルを覚えることが出来ます。
クエストは指定モブの捕獲×3回、このとき捕まえたペットはすぐ逃がしましょう。
ペットステータスバーを右クリすれば、メニューがでます。
(ステータスを見る、名前を付ける、逃がす、メニューオフなど)
覚えたTameBeastというスキルをモブに使用すると、CH状態になり、
一定時間攻撃に耐えれば、ペットになります。
ペットに出来るのは自分と同Lvまでなので、1対1ならまず失敗しません。

ペットに出来るモブは多く、それらは必ずひとつの系統に属しています。
(Cat、Bat、Bear、Boar、Wolf、などなど全23系統)
それぞれの系統ごとに覚えているスキルが異なり、基礎ステータスにも違いがあります。
どのペットでも最大4つのスキルを覚えることが出来ます。
ペットもプレイヤーのタレントリセットと同じく、スキルリセットが出来、
捕獲後に必要であればリセットし、自由にスキルを教えることが可能。

ペットにスキルを教えるには、プレイヤーがまずそのスキルを習得する必要があります。
基本のスキルはペットトレーナーが、プレイヤーのLvアップに沿って教えてくれます。
それ以外の特殊スキルは、それを持つモブを捕獲し、該当スキルを何度か使用することで覚えます。
一度覚えれば、そのペットを逃がしても忘れません。
同じスキルでもLvがあるので、自身のLvアップと共に、対象モブを捕獲する必要があります。

また、ペット自身はスキルを覚えるためのポイントを持ち、これを消費して習得します。
ポイント自体は、どの種類のペットでもLvが同じなら、同じだけのポイント量を持ちます。
さらにペットのLvが上がれば、ポイントも増えます。

しかし、実際に捕獲してみると、ポイントが少なかったり、まったくなかったりします。
原因のひとつは、捕獲した時点で何かしらのスキルをもっていて、それに消費されている。
もうひとつは、プレイヤーとペットの親愛関係が1であるため。
ペットの親愛関係は、捕獲時が1で、一緒に行動を続ければ最後は6になります。
親愛度を上げるには、ペットのご機嫌を常に高い状態にして、一緒に居ればOKです。
(機嫌は赤~黄~緑の3つの状態があり、高いほどペットの攻撃力も増します。)
ペットのポイントはこの親愛度も関係していて、高いほどポイントボーナスが増えます。

えさは、宿屋などで売っているプレイヤーのヘルスを回復する食べ物でOKです。
ただし、ペットのLvに見合った食べ物を与えるようにしましょう。
Lvが上がるほどに腹を空かしやすくなるので、食べ物は大量に持ち歩くことになります。

ペットを新たに捕獲するには、あらかじめ厩舎に預け、ペット無しの状態で行く必要があります。
大抵、宿屋の近くにStableマスターが居て、彼にペットを預けておくことが出来ます。

さて、ペットに必ず覚えさせなければいけないスキルが3つあります。
これはトレーナーから習えるタイプなので、常にLvの高いものを習得させておきましょう。

growl.jpg sta.jpg nam.jpg
(Growl,GreatStamina,NaturalArmor)

Growl ・・・ モブのターゲットをペットへ向ける
GreatStamina ・・・ ペットのスタミナUP(=ヘルスUP)
NaturalArmor ・・・ ペットのアーマー値UP(=防御力UP)

特に重要なのはGrowlで、これを使用しないとモブがハンター自身に向かってきます。
これだけは、常に最高Lvのものを習得させておくようにしましょう。

ペットがいると、ペット用のアクションバーが増え、意味は下記のとおり。
アタック・フォロー・ステイ・スキル1・2・3・4・常に攻撃・攻撃受けたら攻撃・常に攻撃しない

常に攻撃だと、モブが範囲に入ったら無差別に突っ込むので、
基本的には右から二番目の攻撃を受けたら攻撃するの命令にしておき、
状況により、攻撃しないを使い、操っていきましょう。

スキルに関しては、覚えればアイコンが出ます。
アイコンがピカピカ光っていれば、使える状況なら自動でスキルを発動します。
光っている状態の時、右クリすればオフになり、手動で発動させることが出来ます。
レベル上げの段階では、全てオンにしておいて問題ありません。

~~~~~~~~~~

ペットは、簡単に言えば戦士を一人お供にしていると思って良いです。
モブを押さえる盾になってくれ、その間に自身はRangedによる攻撃を重ねていきます。
タレント次第では、ペットの攻撃力も飛躍的に上がるので、より強力なダメージを与えます。

70Hitするまでは、強い装備がなかなか集まらないので、ペットを強化するタレントがお勧め。
ペットの強化にはBeast Masteryを掘り下げていきます。
下記は、BMを掘りきったLv53時点でのタレント例です。
最初にSurvivalのHawk Eye(Ranged射程を伸ばす)に3ポイント振って、あとはBMを掘ります。
http://www.wowhead.com/?talent=cVbhzgxRVzAoZ0h

~~~~~~~~~~

Lv10以降は、ペットを突っ込ませ、自身はRanged攻撃に集中するスタイルになります。
自身のやることは、Lv10前とさして変わりません。
ペットアタック~Arcane~(Auto)~Arcane~etc
弓ないし銃が良い装備なら、大体これでマナ減りを押さえながら、楽に狩が出来ます。
武器が弱い、格上モブが相手のときは、Hunter'sMark・SerpentStingを加えればOkです。
マナ全部放り込む程に本気を出すと、Lv3上モブや同Lvエリートを倒すことも十分可能。

他にも多様なスキルがありますが、追々慣れて、使いこなせるようになります。
Hunterの特性をつかみ、ノーマルモブが楽に狩れるようになったら、色々試すと良いですね。

複数相手になってしまったときは、ペットを操作してモブ1対ずつ順番にGrowlを当てます。
全部当てきれば、タゲはペットに集中しますので、あとはペットが倒れる前に全滅させます。
ペットが最後に攻撃しているモブを的確にRangedアタック。
ペットが攻撃していないモブへアタックしたり、複数攻撃可能なMultiShotを使うと、
モブが跳ねて、ハンターへ向かってきますので、注意です。
ペットのヘルス減りが早いときは、あえてハンターの方へタゲを引っ張るなど、適宜工夫も必要。

こりゃ無理だと思ったら、ペットを置いて、ダッシュで逃げましょう。
距離が離れるとペットは消えるので死なずに済みますし、仮に死んでも、どこでも蘇生可能です。
Lv30でFeignDeathを覚えると、死んだフリをして、自分のターゲットを全て外せるため、
仕切りなおすことも、完全に逃げることも出来るようになります。
死んだフリは最高6分安全に寝ることが出来、動きたければ即動くことも可能。
スキルのCDは30secですので、ほぼいつでも使える便利スキルのひとつです。
ただし、ペットはそのまま残って戦いますし、プレイヤーには通用しませんので、ご注意をw

death.jpg
(FeignDeath)

Lv10以降は、他にも便利なスキルがあります。
Lv30までで、よく使うスキル。

Aspect of the Cheetah ・・・ 走るスピード30%UP(攻撃受けると、4秒のろのろに)
Aspect of the Hawk ・・・ Ranged攻撃力UP
※Aspect系のバフはどれかひとつしか掛けれないので、場面で使い分けを。

aschee.jpg ashaw.jpg
(Cheetah,Hawk)

Mend Pet ・・・ ペットへのHot(時間をかけてヘルス回復)
Revie Pet ・・・ ペットの蘇生
Call Pet ・・・ ペットを呼び出す
Dismiss Pet ・・・ ペットを隠す
Feed Pet ・・・ ペットにえさを与える(食べる間はバフが付くので、連続で上げなくて良い)
Tame Beast ・・・ ペットを捕獲する
Beast Training ・・・ ペットにスキルを覚えさせる

mend.jpg revi.jpg call.jpg dis.jpg feed.jpg tame.jpg tra.jpg
(Mend,Revie,Call,Dismiss,Feed,Tame,Training)

Intimidation ・・・ (要BMタレント)ペットの次の攻撃が3秒スタンの効果を持ち、Theatも増やす
Rapid Fire ・・・ Ranged攻撃スピードが15秒間40%UP

ilil.jpg rafire.jpg
(Intimidation,Raped)

Track Humanoids ・・・ 近くにいるHumanoidをミニマップに表示
※Trackは該当の種族をミニマップに表示するものですが、同時には使えません。
Humanoidを使用しておくと、視認するより先にAllyの接近をミニマップ上で確認出来るので、
襲うにも逃げるにも、大変便利なスキルです。

trahu.jpg
(Track Humanoids)

Freezing Trap ・・・ 敵が接近すると一定時間凍らせる(行動不能)罠を仕掛ける
Frost Trap ・・・ 敵が接近すると一定時間移動スピードを低下(40%)させる罠を仕掛ける
※Trapも、同時に複数使えず、仕掛けることが出来るのは常に1つだけです。
罠は1分間存在し、範囲に敵が踏み込むと自動で発動します。
戦闘中にも使うことが出来ますが、置いてから発動まで2~3秒のラグがあるため注意。
※抜け落ちましたが~~Stingというスキルも、同時に複数使用出来ません。

freetra.jpg frosttra.jpg
(Freezing,Frost)

Lv40以降はMailが装備出来るので、本体がかなり硬くなります。
ちょっとやそっとの攻撃は痛くなくなり、BMタレントを掘った場合は、
ペットも相当強化されてきますので、レベル上げは更に楽に。
MMタレントで行くかは、70Hitが見えてから考えても良いかなと思います。

(Yukya用メモ)
Hunterスキル・タレントなど(サイト内クラス別解説を参照のこと) ・・・ http://ja.wow.wikia.com/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
Lv40時点でのBMタレント ・・・ http://www.wowhead.com/?talent=cVbhzgxRMZZ0h
白ライオン召還クエスト ・・・ http://thottbot.com/q881
Cat系必要スキル ・・・ http://www.wowhead.com/?spells=-3.209
Pet情報サイト ・・・ http://petopia.brashendeavors.net/index.php

Pet [Hunter]

S4がなかなか来ないので、AltのHunter&Rogueの育成をしています。
普段はRogを動かし、休息ポイントが1Lv分ぐらい溜まったらHunterを動かしてます。
Rogは序盤から装備に金をかけてTueee!しながら楽しんでる感じで、
Hunterは休息ポイント使って楽々レベリングを謳歌しています♪

HunterがLv43になったので、早速STVの白トラ(Lv43エリート)を捕獲しにいってきました。
テイム自体はあっさり終わって、信頼度を上げればOKとなったわけですが・・・
黒ライオンと白トラ(どっちもCat系Pet)のどちらをメインにするか悩むことに:(

結局、信頼度上がるまで待つのめんどくさ~
長いこと一緒にいた黒ライオンをこのまま使って、白トラは厩舎へ預けておくことに。
白トラはまたWinterSpringまで行けば普通に取れるので、
逃がしても良いんですが、いちおうKeep。

ほんとは、もっと色々捕まえてペットスキルも集めたいなぁとも思うのですが、
そこまで時間が余らないので、予定通りこのまま猫まっしぐらですw

king2.jpg

king1.jpg

白トラも、やっぱりいいなぁーと思う・・・こっちの方が猫っぽいですよね:)

pet2.jpg

pet1.jpg

黒ライオン使ってる人もよく見かけますが、白トラよりは少ないから良いかw

黒ライオン捕獲 [Hunter]

トライアルをやっていた友人がまんまと製品版を購入しました^^
他のMMOと掛け持っているので、育成スピードは遅いと思いますが、
あまり気にせず、WoWの世界を色々と楽しんで欲しいものです♪

で、トラで気に入っていたHunterをやるのかと思いきや、Mageをやりだしたので、
手ほどきや説明のために作っていた私のHunterはお勤め終了となったのですが、
何せLv上げが楽なクラスなので、ちょこちょこ動かしてますw

最後までやるかも分からない適当Altということもあって、
Lv上げに最適といわれる豚系は無視し(チャージでのヘイト増には、修正入ったようですね)、
BEエリアで最初に捕まえたSpringpaw Lynx(Cat系)のままだったのですが、
Petopia(WoWペット関連のHP)見てたらLv23にCat系レアがいたので、好奇心がウズウズw
見た目が下のような黒いライオンだったので、是非欲しいとw

pet02.jpg

レアいっても、たんにテイム出来るタイプのレアモブというだけなので、実際は珍しくないのですが、
Ratchetのすぐ近くに生息してたので、湧いてれば捕獲しようと、行ってみました。

レアモブというのは、同Lv帯のモブよりも強く、アイテムも良いものが出ます。
湧き位置は大体決まってますが、いつも居るわけではありません。
下のように銀色の龍で囲われたステータスバーならレアモブです。
(龍が金色ならエリートモブといい、レアより更に数段強いため、同LvでのソロKillは困難です。)

rare.jpg

最初に行ったときには居なかったのですが、居ないとなると欲しくなるは人の業w
その場でログアウトし、定期的にインアウトで巡回、なんてやっても出ないので、
一度は帰りましたorz
そこから更に数時間後、懲りもせず又行ってるみると、居ましたよ@@!

そして・・・・・誰にも取られるものかと即効でテイムったので、SS撮れませんでしたwww
ま、無事、捕獲成功ということで、捕獲後。

pet01.jpg

hun01.jpg

そんなことやってたら、綺麗な夕日が見れたので、載せておきます。

yuuhi.jpg

WoWは低スペックPCでも動くというのがひとつの売りなだけに、
背景の描画はさほと細かくないのですが、
光の陰影を上手く使って幻想的に見せてるのが特徴です。

水が流れるところや、霞の出し方なんかも結構綺麗だと思います。

taki.jpg

takiue.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。